25歳からの海外移住 Kaigai-Dassyutu blog

ヨーロッパ学位取得からの就労ビザで海外脱出をもくろむ人のたわごとブログ

ベルギーの奇妙な文化 Bancontactについて

旅行ならたぶん気づかないけど生活して気づくのはBancontactという謎の決済システムが普及していること

f:id:kaigai-dassyutu:20180516222737j:plain

オランダ・ベルギー圏(ルクセンブルクは不明)ではバンコンタクトというカードが主流  基本的にはデビットと考えていいのですが、ブランドはMaestroというMasterのぱちもんみたいなやつなのです

一応正当な系列らしいけど、バンコンタクトはマスターデビットではないので桁が17桁なのです

何を意味するかというとamazon.de やco.ukなどのオンラインショップでは桁数が違うのでビザデビットのようにクレジット欄で使えない ちなみにamazon.beは存在しない!!!(怒)

ただ一応、オランダやベルギーのオンラインショップはbancontactの決済に多く対応しています

マクドナルドなんかだとドイツでも使えるけどバーキンは使えなかった  masterじゃないからね

逆にベルギーだとバンコンタクトじゃないと使えないことが結構あるのです(加盟店手数料の優遇の関係でクレジットは嫌われるらしい)

学食、パン屋、ローカルなチェーンなどはbancontactか現金のみ

でもマックや大手スーパーはクレジットも使えます さすが世界のマック

 

裏技としてはドイツのN26の口座を作って、マスターデビットを別途保有しています

これでINGからN26に自口座間送金し、amazon.deで決済で使うことができる あるいはドイツでやらユーロ圏他国での買い物など まあ現金でもいいけどね

ベルギーはユーロ同士なら振込手数料という概念がありませんので、なんとドイツ宛でも無料で送金できるのです

めんどくさいといえばめんどくさいけどもっとも得なやり方です 日本のクレジットだとamazonはなんかいっつもレートがよくない気がする